たらのコーヒー屋さん - 2 店舗目

たらのコーヒー屋さんです。

今月見た映画 2020 年 3月

新型コロナウイルスのせいで映画館がすべて閉まっているので、映画館で見たのは2本だけ。あとDVDで1本見た。 True History of the Kelly Gang (2019 年、イギリス/オーストラリア) 3/6 at Light House Cinema 監督: Justin Kurzel 出演: George MacKay, Essi…

外出制限令が強化されて初めての平日

今日は月曜日。外出制限令が強化されて初めての平日です。朝の9時ごろにコーヒーを買うために外に出たところ、閑散としていました。車もほとんど走っていませんでしたね。 こちら(↓)がアイリッシュ・タイムズが公開した街のようすです。 ► VIDEO: Coronaviru…

アイルランドのレトロな店構え

アイルランドのお店の面構え(つらがまえ)といいますか、お店の正面のデザインは、とてもユニークで風情があります。 昔の絵葉書とグーグル・マップで、街並みやお店の様子の過去と現在を比べるという記事を以前投稿しました。 tarafuku10.hatenablog.com 上…

アイルランドの外出制限令が強化されました。

金曜の夜にバラッカー首相からアナウンスがあり、外出制限令が強化されました。 基本的に皆さん、これからの2週間は家にいてください、ということです。例外は、食品の購入、医療・社会福祉関係、必要不可欠な仕事、短時間の運動、”重要な家族の用事” (介護…

準ロックダウンが始まって2日目が終わりました。

準ロックダウンが始まって2日目が終わりましたが、街は特に死んだようにはなっていません。建設工事はやっているし、車も普通に走っています。交通量はさすがにいつもより少ないですが。 ソーシャル・ディスタンシングの徹底ということで、近所のスーパーは…

ソーシャル・ディスタンシングの標識

アイルランドではソーシャル・ディスタンシングについて口が酸っぱくなるぐらい言われているわけです。ほんの1週間ほど前まではA4コピー紙をプリントアウトした張り紙やガムテープなど、その場しのぎのものばかりだった。 ところが、2~3日前からちゃんとデ…

アイルランドも準ロックダウン状態に

23日にボリス・ジョンソン首相がUK全土のロックダウンを指示しましたが、24日にはアイルランドも準ロックダウン状態に置かれることがレオ・バラッカー首相から発表されました。 www.irishtimes.com 必需品を売る店を除いてすべての店はクローズ。飲食店はテ…

コロナ関連の記事 – 3/23(月)の新聞から

コロナ関連の記事を月曜日(3/23)の新聞から拾ってみました。 www.irishtimes.com 週末に公園や浜辺に人が多く集まって、ソーシャル・ディスタンスの間隔 (2メートル)が保てないほど密集していたらしいんですね。政府に一般人からのクレームがいっぱい入った…

最近よく見る Youtube チャンネル

私が最近よく見ている Youtube チャンネルをご紹介します。 まずは、広瀬隆雄さん。投資家です。 www.youtube.com ご自身が語る経歴によると、慶応大学ではバンドをやってたので就職活動はまったくせず、先輩に引っ張られる形で建設会社に就職。こりゃだめだ…

営業中のいいお店 - Dollard & Co と Bestseller Dublin

私はだいたい昼は外で食べて、夜は自炊するようにしています。一人暮らしで仕事も家でしているもんですから、どうしても外に出て息抜きしたくなるんですね。 ところがコロナウイルスの影響で近所のお店はほとんど閉まってしまって行くところがありません。ジ…

鎮静剤で眠りにつく街

鎮静剤って打たれたことあります? 私、10年ほど前に大腸内視鏡検査のときに打たれたことあります。点滴みたいな管を肘の内側につながれて、看護婦さんに「10からカウントダウンしてください」と言われて、7ぐらいで記憶なくなりました。気持ちよく眠りにつき…

ポケの店

パトリックス・デーの翌日、お昼時に街を歩いていた。外食しようと思ったのだが、レストランはだいたい休み。カフェはあいているところもあったが、あんまりピンとこなかったので、これまで入ったことのないお店を試してみることにした。 ヘイプニー 橋 (Ha’…

コロナ・ウイルス対策としての社会距離戦略

コロナ・ウイルス対策に関連して、Social Distancing とか Herd Immunity とかこれまで聞いたことのないフレーズを目にするようになりました。Herd Immunity は「集団免疫」で訳は定着していますが、Social Distancing は訳がゆれているようですね。直訳して…

セント・パトリックス・デー向けのギネスの動画を訳してみた。

www.youtube.com どなたかのブログでセント・パトリックス・デー向けのギネスの動画が紹介されていて、それがとてもかっこよかったので訳してみました。3/13公開の動画。パレード等が中止になるのはわかっていたが、アイルランドのパブがすべて閉まるとは、…

コロナウイルスのせいでとても静かなセント・パトリックス・デー

3月17日、今日はセント・パトリックス・デーなので、緑の何かを身に着けなければなりません。というわけで、年に一度だけ着る昔のサッカー・アイルランド代表のジャージをタンスの奥から引っ張りだしてきました。 古着屋で買ったバイアグラの緑のシャツもあ…

モルモンが来る!

大ヒット・ミュージカルの「ブック・オブ・モルモン」が今年12月からボード・ガシュ・シアターで上演されるのですが、そのチケットの販売が3月13日から始まりました。それに合わせて、広告がいろんなところに出ています。 これはRuasの社内に出ていた広告。 …

コロナ関連の自主休業

100人を超える屋内の集会と500人を超える屋外の集会はキャンセルするようにと政府から要請が出ていますが、飲食店を営業するかどうかは経営者の判断にまかされています。 一部には休業を決めたパブもあるようです。アイリッシュタイムズの記事ですが、Willia…

キルケニーへの旅 – キルケニー城

私の記憶が正しければ、キルケニー城には私がアイルランドに来た年の1993年に初めてきて、改装中で入れなかった記憶がある。1990年から1994年まで改装していたというから、たぶん私の記憶は正しい。だから、今回は27年ぶりのリベンジ。 この場所に最初の城(…

コロナ一色の新聞の一面

昨日のバラッカー首相の演説を受けて、今日の新聞の一面には、かなりの緊迫感の漂う見出しが並んでいます。 アイリッシュ・サン 「We Will Prevail」(私たちはかならず勝つ) ヘラルド 「A Nation On The Brink」(瀬戸際の国) アイリッシュ・デイリー・メイル…

新型コロナウイルス対抗策

アイルランドでもセント・パトリックス・デーのパレードが中止になったり、ラグビーのシックス・ネーションズの試合が無期延期になったりと影響が出ていましたが、水曜日の朝、新型コロナウイルスに罹患された方が1人お亡くなりになりました。高齢(elderly)…

John 3:7

ゲーリック・フットボールやハーリングの試合で「John 3:7」の黄色いボードを20年以上にわたって掲げ続けた名物ファンのフランク・ホーガンさん(81)が逝去したという3月9日のニュース。 www.irishtimes.com 「John 3:7」は「ヨハネによる福音書3章7節」を指…

アイルランド国内のセント・パトリックス・デー・パレードはすべて中止

3月17日はセント・パトリックス・デー。聖パトリックはアイルランドの守護聖人です。この日には、毎年各地でパレードが開催されるのですが、今年はコロナウイルスを抑え込むため、すべて中止にすると政府が決定しました。www.irishtimes.com私は最近はもうパ…

キルケニーへの旅 – スミティックス旧醸造所見学ツアー

先週末に引き続いて、アイルランド南東部に車で日帰り旅行してきました。行先はキルケニーです。行きたかった場所は、スミティックスというエール・ビールの旧醸造所の見学ツアーです。施設の正式名称は、スミティックス・エクスペリエンス・キルケニー (Smi…

旧ミドルトン蒸留所の見学ツアー (2/2)

(前編はこちら)旧ミドルトン蒸留所は、もともとは毛織工場であり、それが兵舎になったあと、1825年に蒸留所として生まれ変わりました。実際に稼働したのは1975年まで。新しい蒸留所が隣に建設されたので、この施設はお役御免となったのです。1992年に博物館…

旧ミドルトン蒸留所の見学ツアー (1/2)

もう1年も前のことなんですが、コーク県ミドルトンにあるジェムソンの蒸留所を見学に行ってきました。試飲でウィスキーもちょっと飲むだろうし、ということで、ほんとに久しぶりに鉄道を使って日帰り旅行をしたのです。そのときのことを、ロードトリップ風に…

「馬に乗る少年」と「デビッド・アッテンボロー」の壁画

このブログでも以前書いたことがありますが、うちの近所には「馬に乗る少年」の壁画があります。この壁画がもうすぐ取り壊されるかもしれないんですね。理由は、壁画を描く前に許可を取っていなかったということで、ダブリン市役所から消すように言われてい…

チャイニーズ・ロック

ハートブレイカーズやラモーンズが歌ってる「チャイニーズ・ロック」という曲は、別に中国のロック音楽のことではなくて、麻薬の歌だというのは知っていた。だが、5年ほど前にテレビジョンがダブリンに来た時に聞きにいって、そのとき何で「チャイニーズ」な…

ウォーターフォード宝物美術館

ウォーターフォードでは少し時間が余ったので、ウォーターフォード・クリスタルのすぐ前にある “Waterford Museum of Treasures” という博物館を見学してきました。 この博物館は3つの建物に分かれているので、正確にはそのうちの1つである Medieval Museum …

ウォーターフォード・クリスタル工場見学

アイルランドに27年住んでいながら、そして工場見学好きを自称していながら、ウォーターフォード・クリスタルの工場を見学したのは今回が初めて。念願かないました。受付に行きますと、ちょうど出発したところだということで、係の方に先導していただき、ツ…

トラモア (Tramore) の町

ラフカディオ・ハーン・ジャパニーズ・ガーデンがあるウォーターフォード県トラモアの町は、海辺の観光地でもあり、県都ウォーターフォードのベッドタウンでもあります。私が訪れた2月29日は、風の強い日で、海もかなり荒れていました。ジャパニーズ・ガーデ…