たらのコーヒー屋さん - 2 店舗目

たらのコーヒー屋さんです。

2024年1月に見た映画

tarafuku10.hatenablog.com

 

 

Priscilla (2023 年、アメリカ)

1/4 at Light House Cinema

監督: ソフィア・コッポラ

出演: Cailee Spaeny, Jacob Elordi

エルビス・プレスリーの妻だったプリシラプレスリーの伝記映画。ドイツで彼が兵役についていたときに出会ってから離婚するまで。プリシラはお父さんが軍人だったんですね。先月見た『マリー・アントワネット』もそうだったけど、世間的には大きなストーリーの脇役として世間に認知されていた女性にソフィア・コッポラは声を与えていくんですね。

 

Fallen Leaves (2023 年、フィンランド・ドイツ)

邦題: 枯れ葉

1/8 at Light House Cinema

監督: アキ・カウリスマキ

出演: Alma Pöysti, Jussi Vatanen

アキ・カウリスマキの新作。冴えない中年男女の恋物語。ラジオからはロシアがウクライナに侵攻したというニュースと、世界各国の懐メロがきこえてくる。日本からは『竹田の子守歌』。

 

Next Goal Wins (2023 年、フィンランド・ドイツ)

1/11 at Light House Cinema

監督: タイカ・ワイティティ

出演: Michael Fassbender, Oscar Kightley, Kaimana

2001年にはオーストラリアに31対0で敗北したアメリカ領サモア・サッカー代表。2011年にアメリカ・サッカー協会から派遣されたオランダ生まれのトーマス・ロンゲンが監督に就任。彼のもとでチームを再建してトンガに2-1で勝利するまでの実話に基づく物語。細身のロンゲンに寄せたのか、主演のマイケル・ファスベンダーもちっさくなってて、最後まで彼だと気づかなかった。サモアには伝統的に一部の男の子を女の子として育てる習慣があって、こうした人たちはファファフィネ(Faʻafafine)と呼ばれる。サモアには3000人ほどいるらしい。トンガに勝ったチームにもファファフィネが1人いて、映画でも主要な役割を演じる。

 

Poor Things (2023 年、イギリス・アメリカ・アイルランド)

邦題: 哀れなるものたち

1/18 at Light House Cinema

監督: ヨルゴス・ランティモス

出演: エマ・ストーンマーク・ラファロウィレム・デフォー、ラミー・ユセフ

原作はアラスター・グレーの同名の小説 。マッドな医学者のゴッドウィン博士は、川に身投げした臨月の女性ベラを蘇生し、胎児の脳をベラに移植するという実験を行う。急速に知性を発達させたベラは放蕩な弁護士のダンカンと共に駆け落ち。世界を旅しながら自我に目覚めていく。

 

All of Us Strangers (2023 年、イギリス)

1/27 at Light House Cinema

監督: アンドリュー・ヘイグ

出演: アンドリュー・スコット、ポール・メスカル、ジェイミー・ベルクレア・フォイ

山田太一の『異人たちとの夏』が原作。日本では大林信彦監督、風間杜夫主演で映画化されました。主人公と性的な関係になる相手役が同性になるなど脚色は入っているみたい。主演の2人はアンドリュー・スコットとポール・メスカルというアイルランド人コンビ。ジェイミー・ベルはロンドンの下町のお父さん役が板についている。

 

The Zone of Interest (2023 年、イギリス)

邦題: 関心領域

1/29 at Light House Cinema

監督: ジョナサン・グレイザー

出演: クリスティアン・フリーデル、ザンドラ・ヒュラー

アウシュビッツ収容所の所長だったルドルフ・ホスは家族と共に収容所のすぐ隣の庭付きの一軒家で暮らしていた。収容所内の様子はいっさい描写されないのだが、なんでもない家族の風景のバックグラウンドには銃声や悲鳴や機械の音が常に聞こえている。原作はマーティン・エイミスの同名小説。原作にはホスの名前は出てこないのだが、監督のジョナサン・グレイザーはホスの名前を出すことを決定。資料をあたるなど10年をかけてこの映画を準備したそうだ。

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

 

2023年9月~12月に見た映画

 

tarafuku10.hatenablog.com

 

The First Slam Dunk (2022 年、日本)

9/3 at Light House Cinema

監督: 井上雄彦

出演: 仲村宗悟笠間淳、神尾晋一郎、木村昴三宅健太

甘酸っぱい青春系のアニメはよく見ているのだが、スポ根もののアニメを最後に見たのはいつか覚えていない。私はスラムダンクは漫画も読んだことないけど、たいへんおもしろかった。

 

Killers of the Flower Moon (2023 年、アメリカ・イギリス)

邦題: キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン

10/25 at Light House Cinema

監督: マーティン・スコセッシ

出演: Leonardo DiCaprio, Robert De Niro, Lily Gladstone

スコセッシの新作。居住地に石油が出たことで大金を得た先住民の部族とそこに取り入ろうとする白人の一族。遺産を相続するために連続殺人が始まる。

 

Saltburn (2023 年、アメリカ・イギリス)

11/23 at Light House Cinema

監督: エメラルド・フェネル

出演: Barry Keoghan, Jacob Elordi, Rosamund Pike, Richard E. Grant, Alison Oliver, Archie Madekwe

私の好きなバリー・キョーガンが主演。サイコ・スリラー。私は好きなのだが、日本での劇場公開はないのだそうだ。

 

Napoleon (2023 年、アメリカ・イギリス)

邦題: ナポレオン

11/29 at Light House Cinema

監督: リドリー・スコット

出演: Joaquin Phoenix, Vanessa Kirby

 

 

I Am Not Your Negro (2016 年、アメリカ・ドイツ)

邦題: 私はあなたのニグロではない

12/2 DVD

監督: Raoul Peck

出演: James Baldwin

ナレーション: Samuel L. Jackson

ジェイムズ・ボールドウィンの未完成原稿を基にしたドキュメンタリー映画公民権運動を指導したマルコム・X、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、メドガー・エバースとの交流がつづられる。ナレーションはサミュエル・L・ジャクソン

 

If Beale Street Could Talk (2018 年、アメリカ)

邦題: ビール・ストリートの恋人たち

12/6 DVD

監督: バリー・ジェンキンス

出演: キキ・レイン、ステファン・ジェームス

ジェイムズ・ボールドウィンの同名の小説の映画化。

 

東京ゴッドファーザーズ(2003 年、日本)

英題: Tokyo Godfathers

12/20 at Light House Cinema

監督: 今敏

出演: 江守徹, 梅垣義明, 岡本綾

リリースから20周年記念ということでリバイバル上映。

 

ゴジラ-1.0 (2023 年、日本)

英題: Godzilla Minus One

12/22 at Light House Cinema

監督: 山崎貴

出演: 神木隆之介浜辺美波山田裕貴青木崇高吉岡秀隆安藤サクラ佐々木蔵之介

 

 

君たちはどう生きるか(2023 年、日本)

英題: The Boy and the Heron

12/29 at Light House Cinema

監督: 宮崎駿

出演: 山時聡真、菅田将暉柴咲コウあいみょん木村佳乃木村拓哉大竹しのぶ竹下景子風吹ジュン阿川佐和子滝沢カレン國村隼小林薫火野正平

 

 

Marie Antoinette (2022 年、日本)

12/31 at Light House Cinema

監督: ソフィー・コッポラ

出演: Kirsten Dunst, Jason Schwartzman

ライトハウス・シネマで20年~30年前の 35mm アナログ・フィルムを手に入れて 10 本ぐらい公開していくという企画を今年やっていたんだけど、それの最終回。スクラッチ・ノイズの入った映画を久しぶりに見ましたね。『ナポレオン』も見たことだしフランス歴史モノ・シリーズということで見に行きました。ソフィア・コッポラの映画はドラマチックなことはあんまり起こらないんですよね。淡々とすすんでいく。そこがいい。フランス革命の悪役として語られることの多いマリー・アントワネットを、人生を楽しむ1人の女性として描く映画。

 

 

tarafuku10.hatenablog.com

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

シェーン・マガウアン (1957 - 2023)

ポーグズのフロントマンだったシェーン・マガワンが亡くなりました。65歳。数週間前に奥さんのヴィクトリアさんが病床のシェーンの写真ツイッターにあげていたので、その写真を見て多くの人は心の準備ができていたのではないでしょうか。

 

私がアイルランドにきた大きな理由の1つがポーグズなのです。アルバムを聞いてこれまでで一番衝撃を受けたのがポーグスの2枚目でした。粗削りで若々しくしかもノスタルジック。パンク・ロックアイリッシュ・トラッドの合わせ技というアイデア自体はシンプルかもしれませんが、シェーンでなければこれほどの斬新さを感じさせるアルバムにはならなかったのではないかと思います。当時まだデビュー盤は日本版がでていなかったので、急いで高田馬場のオパス・ワンという輸入盤屋に買いにいったのを覚えています。

 

仲間だった友人のミュージシャンからのみならず、アイルランドの要人からも追悼のメッセージが寄せられています。その中からマイケル・D・ヒギンズのメッセージの一部をご紹介します。

 

His words have connected Irish people all over the globe to their culture and history, encompassing so many human emotions in the most poetic of ways.

 

彼の詩は、さまざまな人間的感情を最も詩的なやり方で包み込み、世界中に散らばったアイルランドの人々をその文化や歴史と結びつけた

 

大統領はまた、「彼の歌はアイルランド人の体験、特に海外で暮らすアイルランド人の体験を美しく捉えた」とも述べています。

 

シェーン自身もアイルランド人の両親のもとにイングランドで生まれ育ちました。小さい頃に母親の実家であるティペラリーで暮らしたことがあるのですが、ほとんどはイングランド南部で育っています。彼自身が移民なんですね。

 

ポーグズはシェーンもイギリス生まれですし、メンバーのほとんどがイギリス人なんですね。Wikipedia などを見てみますと、日本語版では「イギリスのロックバンド」、英語版では「English or Anglo-Irish Celtic punk band」などと紹介されています。しかし、そのスピリッツの部分ではポーグズ以上にアイルランドを体現したバンドはほかにないのではないかと思います。

 

今日 (12/1)のアイルランドの新聞の一面はすべてシェーンの写真です (ガーディアンはイギリスの新聞だけどおまけ)。

 

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

 

 

 

ダブリンの暴動

おととい(23日)の夜にダブリンのシティ・センターで暴動がありました。Luasの窓ガラスが割られ、バスに火がつけられ、お店が略奪されました。

 

その日の昼過ぎに、パーネル・スクエアでナイフによる襲撃事件が発生しました。男が学校帰りの小さな子供3人と大人2人を負傷させました。そのうち子供一人が危篤状態とのことです。

 

当初、メディアでは犯人のプロフィールについてはほとんど報道されていなかったのですが、SNSでは犯人はアルジェリア系の移民であるという情報が早くから出回っていました。そして、こうした事件が起きるのは移民政策の失敗のせいだという扇動があり、社会の隅に追いやられている人々の不満のはけ口として暴動が発生したようです。

 

今日の朝(25日)の段階でも新聞等ではナイフ襲撃犯の本名や出自については明らかにされていません。40代後半男性、過去20年間アイルランドに在住、帰化してアイルランド国籍、という情報が出ているだけです。

 

アイルランドに30年住んでいますが、これほど大きな暴動は記憶にありません。2006年にも大きな暴動があったようなのですが、当時は仕事がすごく忙しかったせいか私の記憶から抜け落ちています。

 

大量移民に関する一般の人々の不満は以前からぽつぽつと出ていました。移民排斥をあおるような極右的なものもありましたが、公的サービスへの圧迫や観光業への打撃 (ウクライナからの避難民がホテルに宿泊しているため観光客の宿泊施設が足りない) などのもっともな主張もありました。

 

昨日の昼、ランチに出たついでに街の様子を見てきました。1時ごろです。

 

パーネル・ストリートには窓の割られたLuas車両がまだ停まっていました。オコネル・ブリッジでは大規模な線路の補修が行われていました。

 

 

略奪に狙われたのは靴屋で、FoollockerとAsicsが侵入されていました。Schuhのウィンドウにもヒビが入っていました。アーノッツも被害に遭ったようです。

 

 

昨日の夕方はシティセンターのお店は早めに閉めたようです。警官がたくさん配備されていました。小競り合い程度のものはあったようですが、昨日は大きな混乱はなかったようです。

 

23日の暴動については警察がコントロールを失った状態となったため、その対応に問題があったのではないかと法務大臣と警察のトップが批判されています。

 

事件を受けてレオ・バラッカー首相は、暴動はアイルランドに「恥をもたらした」と強く非難しています。マイケル・D・ヒギンズ大統領は「隅に追いやられた人々が極右に搾取されることのないよう、政府は彼らの声を聴く必要がある」と述べています。

 

現場でナイフ襲撃犯を止めた1人はフード・デリバリーの仕事の途中だったチャオ・ベニチオさん。ブラジル人です。被っていたヘルメットで襲撃犯に殴りかかったようです。GoFundMeではチャオさんに1杯おごろうという募金ページが立ち上がり、またたくまに20000ユーロ以上が集まったそうです。

 



アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

 

 

 

 

 

2024年欧州選手権予選第8戦: オランダ1-0アイルランド

11月 18 日 (土) にアムステルダムで行われた2024欧州選手権予選第8戦で、アイルランドはフランスに1-0で敗れました。アイルランドは5チーム中4位でフィニッシュ。予選敗退が決定です。他のチームはまだ試合が残っているのですが、フランスとオランダが1位と2位で本線出場がほぼ決定。3位はギリシャで5位はジブラルタルです。

 

www.youtube.com

 

オランダの得点を決めたのはベグホルスト(11分)。最少得点差による敗戦でしたが、アイルランドとしてはあまり盛り上がるところのない試合でした。

 

この予選でアイルランドが獲得した勝ち点は6。ジブラルタルからの2勝だけ。

 

2020年から指揮を執っていたスティーブン・ケニー監督は解任がほぼ決定的です。選手たちからの信頼は今も厚く、攻撃的なプレイスタイルという方向性も見せていたのですが、さすがにこの成績では。。。ということでしょう。後任にはリー・カーズリー (元アイルランド代表で現在はイングランドU21監督)、ニール・レノン、デミアン・ダフ、スティーブ・ブルースなどがあがっている模様。

 

ティーブン・ケニー監督はアイルランドのプロ・リーグで結果を残して代表監督の座をつかんだ、いわばホーム・グロウンの監督なわけですね。彼が結果を残せれば、アイルランドでがんばっている他の指導者の励みにもなったわけで、そういう意味でもケニー監督の解任 (まだ決まりではありませんが) は惜しまれるところです。

 

アイルランド: Bazunu (Southampton); Doherty (Wolves), Collins (Brentford), O’Shea (Burnley), Scales (Celtic), Manning (Southampton); Knight (Bristol City), Cullen (Burnley), Browne (Preston North End); Ferguson (Brighton), Robinson (Cardiff City).

サブ: Idah (Norwich City) for Robinson (46 mins); McGrath (Aberdeen) for Ferguson (54); Johnston (Glasgow Celtic) for Doherty, Molumby (WBA) for Knight (both 77); Parrott (Excelsior) for O’Shea (90).

 

www.irishtimes.com

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

 

 

 

ジェリー・アダムズのフィギュアを買いました

ジェリー・アダムズのフィギュアを買ってしまいました。Whyte’s というオークション・ハウスで歴史関連のオークションがあり、そこで買いました。フィギュアが歴史関係なのかということですが、まあ他の出品物は由緒ある文書とかメモラビリアとかなので、これだけノベルティ的な面白味で追加されたという感じでしょうか。

 



 

写真の右側はアライアンス党の元党首のジョン・アルダーダイスです。1990年頃に制作されたもので、S. Dee という署名が入っています。

 

今回のオークションはタイムド・オークション。ヤフオクなどと同じように期間をきめてオンラインで入札していく形式です。ヤフオクの自動延長ありと同様に、締切間際に入札があると締切が自動的にのびます。ヤフオクだと締切5分前以内の入札で5分延長だったと思いますが、今回のオークションではころが30秒でした。

 

とてもかわいいフィギュアですが、アダムズのトレードマークの眼鏡がちょっと欠けているのが残念です。ハンマープライスは120ユーロ。

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

 

 

 

モリーさんの Instagram アカウントを作りました

友人に勧められてモリーさんのインスタグラムのアカウントを作りました。

 

https://www.instagram.com/mollytarafu/

 

インスタグラムを利用するのは初めてなのですが、写真や動画をアップロードするだけなので気軽に投稿できますね。

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ