たらのコーヒー屋さん - 2 店舗目

たらのコーヒー屋さんです。

アイルランドのパブが約 6 か月ぶりに営業再開 (ただしダブリンは除く)

昨日の月曜日、ロックダウンのために営業を停止していたパブが、6 か月ぶりに営業を再開しました。3 月 15 日以来です。ただし、きつめの制限が適用されているダブリンは除きます。また、食事を提供するパブは既に営業していましたので、今回はお酒しか出さない、いわゆる「ウェット・パブ」が営業を再開したということです。

 

各紙とも、一面にはこの話題を持ってきていました。

 

まず、アイリッシュ・エグザミナー紙。

 

f:id:tarafuku10:20200923035327j:plain


アイリッシュ・エグザミナー紙はコークに本社がある新聞社ということで、コーク市内のキャッスル・インというパブの写真を使っています。ビールを飲むおじさんの表情がいいじゃないですか。アイルランドの黒ビールはギネスだけじゃないぞと、コーク市内で醸造されているビーミッシュを飲んでいるんですね。

 

www.irishexaminer.com

 

次は、アイリッシュ・インデペンデント紙。一面に使われた写真は、ウィックロウ県ブレイ(Bray) のブーメラン・バーでパイントを掲げる女性のお客さん。正直申しますと、他紙に比べるとこの写真のインパクトは弱いですね。

 

f:id:tarafuku10:20200923035349p:plain

 

おもしろい写真は、中のニュース面で使われています。こちらは、キルデア県アタイ (Athy) のアンズ・プレースというパブの写真。オーナーのイカシタおばあちゃん、アン・カニンガムさんがスミティクスのパイントを掲げています。凛としたアンおばあちゃんの姿とフェース・ガードのミスマッチが時代をとらえています。

 

f:id:tarafuku10:20200923035405j:plain

 

最後はアイリッシュ・タイムズ紙。こちらはディングル半島にあるディック・マックという非常に有名なパブ。落ち着いた雰囲気の中で黒ビールをゆっくりと味わうナイス・ミドル。アイリッシュ・タイムズは、なんかこう、いつも気取った写真を載せますよね(笑)。

 

f:id:tarafuku10:20200923035429j:plain

 

ダブリンもはやくパブが再開しないかなあ、と思います。

 

アイリッシュ・タイムズがパブのオーナーさんに色々お話を聞いた動画がこちら。

www.irishtimes.com

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

ダブリンだけロックダウン強化です

新型コロナウイルスですけど、アイルランドでは 5月のはじめにロックダウンの出口戦略が発表されたんですね。3週間ずつの5段階の出口戦略で、最後の第5段階は 8 月 10 日に始まることになっていました。だから、5月の段階ではまあ 8 月末には収束するのではないかという見通しだったのですが、そうではなかったということです。

 

新型コロナへの対策はもう少し長期になるということで、3日ほど前に、ウイルスの拡散を防ぐための中期的なプランが発表されました。

 

f:id:tarafuku10:20200919080927p:plain


5 つのレベルに分かれていて、感染状況に応じてレベルを随時移動するわけです。現在のところ (金曜日時点) では、アイルランド全体がレベル2 で、ダブリンだけ追加の制限がいくつかあるという状態だったのですが、土曜日の午前0時からダブリンはレベル3に移行することになりました。

 

それで、具体的にどうなるかといいますと、映画館や博物館は閉館。レストランやカフェはテイクアウトと屋外のテーブルでのみ営業OK。必要ない場合はダブリンの外に旅行することはできません。ジムは営業OK。などなど。

 

レオ・バラッカー副首相のビデオ・メッセージはこちら。わかりやすくまとめられています。

 

 

 

それで、この動画を撮影していたときだと思うんだけど、スケートボードを抱えてマスクをした女性がバラッカーに近づいて、スムージーを彼にかけたらしいんですよ。

 

 

 

犯人はまだ捕まっていないそうですが、バラッカー副首相は「スケボーを抱えていたから最初はアヴリル・ラヴィーンが来たのかと思った」そうです。アヴリル・ラヴィーン?? なんなんでしょう。この中途半端な懐メロ感。

 

Twitter なんかを見ていますと、政治信条にかかわらず、こういうことをする犯人を非難する人が多いようなので、そこはちょっとほっとしています。

 

しかし、ここ1週間ぐらいで頑張って映画4本見といてよかった。これからまた3週間映画館で映画を見られなくなります。

 

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

コロナ時代のカラヴァッジオ: 『目覚まし時計の男』

ゴルウェー市内でホップストアというパブを営むファーガス・マッギンさんが、許可を得て、あるお客さんの写真を撮影し、Facebook にアップロードした。

 

f:id:tarafuku10:20200909205015j:plain

Photograph: McGinn’s Hop Store/Facebook


なんの気なしにアップロードしたこの写真が、予想もしなかった反響を巻き起こす。多くの人が「ロックダウンのために社会的な活動を制限され、人との付き合いを失ってしまった時代」を象徴する写真だと受け取ったためだ。

 

男の座るテーブルには、飲みかけのパイント・グラスと食事が置いてある。皿はテーブルの遠いところに押しやられているので、まだかなりの量が残っているようだが、食べ終わったのだろうと思われる。現時点ではちゃんとした食事を頼まないと店に入れないので、高齢のために食が細くて食べきれないとわかっていても注文したのか。

 

さらに目を引くのは、テーブルの上に置かれた水色の目覚まし時計。コロナ感染防止ガイドラインで店内に留まれる時間は 105分間と決まっているので、そのルールを守るために時間を気にしているのかもしれない。また、この男がスマートフォンどころか携帯電話も持っていない生活をしているのもわかる。

 

ゴルウェー2020というプロジェクトで、今年のゴルウェーを詩で記録することを依頼されている詩人のライ・エーカー氏は、この写真を「この時代のカラヴァッジオ作品」と呼び、さっそく詩をしたためたそうです。

 

www.irishtimes.com

 

アイリッシュ・タイムズ紙の記事によれば、パブ・オーナーのマッギン氏はこの男性のことを知っているが、名前を明かすのは控えるとのこと。ただ、近くに住む人で、ゴルウェー市内の病院で 50 年ほど働いた経験があり、兄弟の1人は朝鮮戦争で死に、姉妹の1人はアメリカに住んでいるとのこと。

 

大きな話題になっているので、男性がびっくりして腰を抜かしているんじゃないかとマッギン氏は心配したのだが、近所の人に確認したところ、男性はおもしろがっていると聞いてほっとしたそうです。

 

 

以上、アイリッシュ・タイムズ紙からご紹介しましたが、アイリッシュ・インデペンデント紙はこの男性の自宅にまで伺い、直接会って話を聞いています。

 

www.independent.ie

 

同紙によると、男性はジョン・ジョー・クィンさん。お年は 80 歳を越えています。記者がお宅に訪問したとき、クィンさんは写真がバズっていることをまったく知らなかったそうです。

 

 

「コンピューターやインターネットについてはまったくわからない。私はただの普通の男だから」とクィンさん。

 

f:id:tarafuku10:20200909205151p:plain

John Joe Quinn with his clock. Photo: Andrew Downes

 

件の写真は、厳しすぎるガイドラインについて政府を批判するような文脈で人々にリツイート/シェアされたのですが、クィンさんは元病院関係者らしく、違った考えを持っています。

 

 

「健康の方が大事にきまっているでしょう。コロナがまた広まったら、みんな困るでしょう。やれと言われたことをやればいいんですよ。単純な話です」(丁寧めの日本語に訳しましたが、クィンさんはもうちょっとべらんめぇ調でしゃべっているようです)。

 

 

それから、注目の的となった目覚まし時計ですが、クィンさんは腕時計をしないので、いつも持ち歩いているのだそうです。写真が撮影された当日、テーブルの上に出していたのも、RTE の 6 時のニュースに間に合うように家に帰りたかったから。

 

 

ホップストアの方には、クィンさんに思う存分パイントを飲ませてやってくれ、ということで、お金を送りたいと言う申し出が続々と寄せられているようですが、クィンさんは「親切な申し出だね」とした上で、自分のパイントは自分で払いたいタイプなのでご辞退申し上げるそうです。

 

 

最後に私自身の身も蓋もない感想を書きますと、クィンさんはどっちかっていうと1人で静かにパイントを飲んでいたいだけの人なんだと思います。ただ、クィンさんよりももっと社会のつながりみたいなのを必要としている人 (または、大事だと思っている人) の方がおそらく大勢いて、そういう人たちの琴線に触れる写真だったのだろうなあと思います。目覚まし時計の小道具が効いています。写真を撮影したパブ・オーナーのマッギン氏、お見事です。

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

UEFA ネーションズ・リーグ第  2 戦: アイルランド 0 – 1 フィンランド

UEFAネーションズ・リーグ2020-21 の第 2 戦が 9 月 6 日にダブリンで行われ、アイルランドフィンランドに0  対 1 で敗れました。

 

www.youtube.com

 

負けてしまいましたね。ホームだったし、フィンランドは格下だといっていいチームなので、勝ちたかったですけれど。

 

ケニー監督によれば、今週の試合はどちらも実験的な布陣であったと。ネーションズ・リーグを軽くみているわけではないが、来月のプレイオフの方が大事なのはまちがいありません。

 

ブルガリア戦からは中盤が 3 人かわって、アーター、モランビー、ブレイディ―が先発。今回はアーターがマッカーシーにかわって中盤の要の位置に入ったのだが、できはあまりよくなかったみたい (中継がなかったので私は試合を見ていません)。

 

f:id:tarafuku10:20200908050126p:plain

 

今週の2試合で株を上げた選手と下げた選手のリストがアイリッシュ・タイムズ紙に載っていたのでご紹介します。

 

株を上げた選手は、若いフォワードのアイダーとコノリー、右サイドバックのドハティー、右ウイングのオダウダです。ケニー監督が左利きの選手を右サイドで使いたい人なので、オダウダが右で出ているわけです。

 

株を下げた選手は、キャプテンのコールマン (試合に出なかったんだけど、ドハティーの成長が著しいので)、ロング (フォワードの先発は2試合とも若手にゆずり、サブとしてもマクゴールドリックよりも順位が低い様子)、マクリーン (ケニー監督はどうやらコノリーの方を買っているよう)、ダフィー (セットプレーでの得点力には期待できるが、センターバックとしてケニーのシステムに順応できるかどうかがカギ)。

 

ダフィーについては、インタビューを読むと、本人もシステムへの順応の必要性を理解しているようです。攻撃力もあるだけに、おそらくスタメンから外すことはできないと言われています。がんばってほしいですね。

 

www.irishtimes.com

www.irishtimes.com

 

アイルランドの次の試合は、10月8日のUEFA ユーロ2020 プレイオフの対スロバキア@ ブラチスラヴァです。来年開催されるUEFA ユーロ2020本戦出場を賭けた戦いです。

 

アイルランド:  Randolph (West Ham); Doherty (Tottenham Hotspur), Duffy (Celtic), Egan (Sheffield United), Stevens (Sheffield United); Molumby (Brighton and Hove Albion), Arter (Bournemouth), Brady (Burnley); O’Dowda (Bristol City), Idah (Norwich City), Connolly (Brighton and Hove Albion).

サブ: Robinson (Sheffield United) for O’Dowda (59 mins), McGoldrick (Sheffield United) for Idah (66 mins), McClean (Stoke City) for Connolly (77 mins),

フィンランド得点: Jensen (64)

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

ウェット・パブ

f:id:tarafuku10:20200907211202p:plain


いま現在、ちゃんとした食事も出すパブは営業が許されているのですが、食事を出さい (サンドイッチ等の軽食しか出さない) パブはまだ営業できない状態なのですね。もう 6 か月近く閉まっていることになります。

 

そうしたパブも、おそらく 9 月 14 日から営業が許可されるのではないかと言われています。それで、こういう食事を出さないパブを「Wet Pub」と呼ぶようです。ここ 2、3 日でよく見かける言葉になりました。新聞でも引用符付きで表記していますから、新しい表現、または一般の人にはなじみのない表現なのだと思います。

 

コロナに関しては、Wet という単語は今年前半にもよく聞きました。Wet Market という言い方です。中国・武漢の Wet Market から新型コロナウイルスは広まったということになっています。Wet Market は、狭義では生きた動物を連れてきて、客の求めに従って、その場で〆て売るような市場ですね。広義では生鮮食品を売るような市場。武漢のは狭義のやつでしょうね。

 

ちなみに、Dry Market という表現もあって、これは絨毯なんかを売る市場です。Dry Pub という表現は聞いたことがありません。

 

それで、食事を出さないパブをなぜ「Wet」Pub というのでしょうか。調べてみたんですが、これがわからないんですよ。なんとなく雰囲気としては理解できますけどね。

 

Wikipedia で調べてみると、Wet Bar、Dry Bar という言葉はあるようです。裕福なご家庭なんかでは、家の中にホーム・バーなんていうのを拵えていたりしますね。それで、そのホーム・バーにシンクもついているのが Wet Bar、それに対してシンクが付いていないのがDry Bar だそうです。まあ、シンクが付いていれば、いろいろ便利でしょう。

 

www.irishtimes.com

 

で、Wet Pub の営業再開の話に戻りますが、いろいろ制限は付きそうです。まだ最終決定ではありませんが、提案されたガイドラインによると、営業は 11 時 30 まで (ナイトクラブとかはまだ営業できない)、ソーシャル・ディスタンシングのルールを守る、テーブル・サービスのみ (立ち飲みはだめ)、コンタクト・トレーシングのために客は連絡先を残す、など。ストローは個別包装のものを使う、お酒の装飾用の小物 (カクテル・アンブレラ) などはなるべく使わない、など、細かいものもあります。

 

こうしたガイドラインを見てみると、営業を再開しても、コロナ以前の活気がパブの中にすぐに戻ってくるのというわけではないかもしれませんね。カフェなんかも営業はしてますけど、テーブルとテーブルの間に半透明のパテーションがあったり、黄色い大きな警告サインが貼ってあったりして、以前のようなリラックスした雰囲気がないんですよね。

 

まあ、もう少しがまんするしかありません。

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

ステイケーショナーのための税金優遇措置 – 続報

先日ご紹介したステイケーショナーのための税金優遇措置ですが、正式にはステイ・アンド・スペンド (Stay and Spend) というそうです。ね、別に「Go To Travel」っていう名前でもぜんぜん恥ずかしくない、って言ったでしょ? (言わんかった?)

 

この税金優遇措置について、アイリッシュ・タイムズ紙に Q&A 形式で詳しく解説されていたので、ざっくり訳してみます。すっとぼけた質問も含まれています。

 

www.irishtimes.com

 

Q. え、これって、政府が旅行の代金を支払ってくれるっていうこと?

 

A. ちがいます。条件を満たせば、レストランやホテルに支払ったお金の一部を税金から控除してくれるということ。最大で 125 ユーロの税金控除。このスキームの名前はステイ・アンド・スペンドという。

 


Q. ステイ・アンド・スペンド? どういう意味?

 

A. 政府はこの秋と冬と春、国民が家に留まって、国内のサービス業でお金を使ってほしいと思っている。だから、10 月から 4 月までの間に、レストランやホテルで使ったお金の 20% を返してくれる。

 

 

Q. パブでもいいの?

 

A. いや、対象になるのは食事とアルコールの入っていない飲み物だけ。

 


Q. 税金の控除に上限はある?

 

A. 1 人あたりの税金控除は 125 ユーロまで。つまり、最大で625 ユーロの支出までが対象になる。

 


Q. 夫婦の場合は税金控除も 2 倍になる?

 

A. イエス。最大で使えるお金は 1250 ユーロ。税金の控除は最大 250 ユーロになる。

 


Q. このスキームはいつ始まるの?

 

A. 10 月 1 日から。レストランや宿泊施設は今すぐ登録手続きを開始できる。

 


Q. どうして登録しないといけないの?

 

A. 税務署がスキームに参加している施設を把握しておく必要がある。また、VAT (付加価値税) 登録をしていて、納税を遅延していなくて、アイルランド観光庁または関連する観光団体、およびHSE 環境健康サービスに登録している必要がある。さらに、スキームに登録していることを示すサインを掲示する必要がある。

 

 

Q. みんながアイルランド国内旅行をしていた夏にこのスキームを始めた方がよかったんじゃない?

 

A. たぶんそう。すくなくとも観光する人にとっては。ただ、このスキームは行楽客じゃなくて事業者を助けるためのもの。アイルランド国民は旅行制限のために国内を旅行するしかなかったわけだから、7 月と 8 月はまあ大丈夫だろう。しかし、オフシーズンの冬は旅行業界は厳しくなるだろうから。そこで、10 月から 4 月までが対象となったというわけ。

 

f:id:tarafuku10:20200905180806p:plain

 

Q. ホスピタリティ業界はこの夏どうだったの?

 

A. 8 月がどうだったかはまだわからない。ただ、中央銀行によると、7 月は宿泊施設もレストランもけっこう良かったみたい。銀行のクレジット・カードやデビット・カードに関する最新の統計を見ると、ATM でのトランザクションを含む 6 月のカード利用額は58億ユーロ。これは、先月に比べると6%増だが、前年同月に比べると5%減だった。

 

このうち、宿泊セクターは先月に比べて 160% 増。6 月下旬に制限解除の第三段階に入ったので、レストランや一部のバーが営業を再開し、このセクターの7月の売り上げは先月比で 35% 増だった。

 

 

Q. 消費者はどうやって税務署からお金を返してもらうの?

 

A. このスキームを利用したい納税者は、Revenue Receipts Tracker というアプリをダウンロードして、名前と PPS 番号を登録する。このスキームを利用するには、所得税社会保障費を支払っている必要がある。スマートフォンを持っていない人は、オンラインか郵送で請求できる。

 


Q. 所得税を払っていない場合はどうなる?

 

A. 社会福祉のお金や年金で暮らしている場合、それから所得が所得税を支払う金額に達していない場合は、このスキームを使うことができない。

 


Q. 旅行に出かける必要がある? 近所のレストランで食事するだけじゃだめ?

 

A. 旅行に出かける必要はなくて、近所のレストランで OK。そして、登録したレストランで、25 ユーロを上回る金額を使ったのであれば。

 


Q. 領収書をとっておく必要がある?

 

A. いいえ。アプリで処理できる。レストランで料理の写真を撮ったことはあると思うけど、これからは領収書の写真を撮る癖をつけること。税金の控除を受けたければ、アプリをダウンロードして名前とPPS番号を登録すること。レストランで食事したり、ホテルに泊まったら、金額とレストランやホテルの名前が記載された領収書の写真を撮ること。625ユーロの上限に到達したら、アプリが教えてくれる。

 


Q. すぐにお金は返してもらえるの?

 

A. お金を使った次の年の所得税に適用されるから、9 月から 12 月までに 625 ユーロ分を使い切った場合は来年、そうでない場合は 2022 年まで待つ必要がある。

 


Q. このスキームは機能するかな?

 

A. なにもないよりいいでしょ。ただ、廃業の危機に瀕していると言われるアイルランドの多くの事業を救うのに十分かどうかは疑問の余地がある。

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

UEFA ネーションズ・リーグ第  1 戦: ブルガリア 1 – 1 アイルランド

UEFAネーションズ・リーグ2020-21 の第 1 戦が 9 月 3 日にブルガリアのソフィアで行われ、アイルランドブルガリアと 1 対 1 で引き分けました。

 

www.youtube.com

 

アイルランドはスティーブン・ケニー監督の初陣。ケニーはプレーヤーとしてもキャリアを通してほぼ国内でプレイし、監督としてもアイルランドで結果を出してきた人です。アシスタント・マネージャーには、アイルランド代表として活躍したキース・アンドリュースとデミアン・ダフが入っています。

 

地上波では生放送がなくて、私は試合を見ていないのですが、新聞記事によりますと、パスでボールをつないでいこうという意図がよくみられたゲームだったとか。ただし、プレイスタイルが成熟するまでには、まだまだやらなければならないことがいっぱいありそうです。

 

ゲームはアイルランドが押し気味に進めます。ポゼッションは  61% 対 39%、パスの数は 613 対 341 でアイルランドが優勢。

 

しかし、56分にパスミスからスルーパス一発で抜け出されて失点。アイルランドは終了間際にコーナーキックからキャプテンのダフィーがヘディングを決めて同点に追いつくのがやっとでした。

 

f:id:tarafuku10:20200905062051p:plain

ダフィーの同点ゴール

スタメンですが、ツートップにはアーロン・コノリーとアダム・アイダーというフレッシュなコンビが起用されました。コノリーは20歳、アイダーは19歳です。ただ、今回は経験不足で結果が出せなかったみたい。

 

中盤の要として起用されたのが 29 歳のジェームズ・マッカーシー。ケニー監督はおそらく彼にチームの中心になってほしいと思っているのではないかと思われますが、この試合ではいいところがなかったようです。

 

コロナの影響もあって、代表としての試合は約 10 か月ぶり。まあ、ぎくしゃくするところがあるのもしょうがないでしょう。来月の2020ヨーロッパ選手権レイオフ (対スロバキア) に向けて調子を上げていってほしいものです。

 

アイルランドの次の試合は、9月6日のUEFA ネーションズ・リーグ第  2 戦の対フィンランド @ ダブリンです。

 

アイルランド: Randolph (West Ham); Doherty (Tottenham Hotspur), Duffy (Celtic), Egan (Sheffield United), Stevens (Sheffield United); Hendrick (Newcastle United), McCarthy (Crystal Palace), Hourihane (Aston Villa); O’Dowda (Bristol City), Idah (Norwich City), Connolly (Brighton and Hove Albion).

サブ: Brady for McCarthy (70 mins), Robinson (Sheffield United) for O’Dowda (74 mins), Long (Southampton) for Idah (77 mins).

 

ブルガリア得点: Kraev (56)

アイルランド得点: Duffy (90)

 

www.irishtimes.com

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ