たらのコーヒー屋さん - 2 店舗目

たらのコーヒー屋さんです。

グランドナショナルを女性として始めて制したブラックモア騎手がインタビューで使ったアイルランド英語

 

 

先週の土曜日、グランド・ナショナルというイギリスで最も人気の高い競馬の障害レースが行われました。このレースで、アイルランド産のミネラ・タイムズ号に騎乗したアイルランド騎手のレイチェル・ブラックモアさんが優勝しました。女性騎手がグランド・ナショナルを勝ったのは史上初です。

 

f:id:tarafuku10:20210414232113p:plain



 さて、勝利後のインタビューにおいて、ブラックモア騎手はこんな風に話しました。「I just can’t believe I’m after winning the Grand National」。この After の使い方、これはアイルランド英語といえば真っ先に出てくる言い回しですね。現在完了形を be after で表すというやつです。

 

ブラックモア騎手は、「グランド・ナショナルを勝ったなんて信じられない」と言っているわけです。標準的な英語で言えば「I’ve won the Grand National」です。

 

これは、アイルランド語の文法には現在完了がなかったので、英語で話すときにもその影響が残っているということです。

 

www.irishtimes.com

 

この記事を書いたコラムニストのフランク・マクナリーさんによれば、イギリスの新聞の少なくとも 1 つが、アイルランド英語だということがわからず、何か単語が省略されたのだと思い、“I’m [talking] after winning the Grand National” と talking を補って記事にしたそうです。オブザーバー紙らしいですけど。

 

ただ、be after ~ と to have ~ がまったく同じニュアンスかというとそうでもなくて、そこはかとない違いがあるそうなんですね。アイルランド国外の作家による小説で、ある登場人物がアイルランド人であることを印象付けるために、セリフの中で after を言わせたりすることがよくあるそうですが、どうも不自然に感じることも多いそうです。

 

Be after の使い方にはあるルールがあるようなんですが、マクナリーさんもそのルールをはっきりと解説できる人はいないと言っています。

 

言語学者によっては、この after の使い方を、「after perfect」時制と言ったり、「hot news perfect」と言ったりするようです。非常に近い過去に起きた出来事を言うときに使うというのが一般的なルールのようですが、例外もたくさんあると。

 

ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』の一場面、バーニー・キアランズ・パブでアルフ・バーゲンが「誰かがパット・ディグニーと一緒にいたのをケーペル・ストリートで見た」と漏らすと、周りの人が驚きます。

 

「あいつが死んだのを知らないのか」とジョー。

「パディ・ディグナムが死んだ?」とアルフ。

「そう」とジョー。

「あいつを見てから 5 分も経ってないぞ (Sure I’m after seeing him not five minutes ago)」とアルフ。

 

これが、Hot News であることは間違いありません。特にディグナムが死んでいなかった場合には。しかし、ジョーはこうアルフに告げます。「やつは今朝、埋葬されたよ」。

 

Be after が出来事の後、いつまで使えるかというのは、出来事の種類によって異なります。人の死の場合は、一概には言えませんが、だいたい通夜が済むまで。グランド・ナショナルに勝つなどの大きな出来事の場合は、3~4日は大丈夫。それでも1週間が過ぎると賞味期限切れになるのではないか。

 

JMシングの戯曲『谷間の影』にはこんなシーンがあるそうです。名もない風来坊が若いノーラ・バークの小屋を訪ねてきます。かなり年の離れた彼女の夫がベッドに横たえられています。

 

「死んだのか?」と風来坊。

ノーラ。「そうよ。He’s after dying on me...」

 

ここでも be after の構文が使われていますが、もう 1 つ興味深い言い回しがあります。「on me」の使い方。これはもちろん、夫が物理的に彼女の腹の上で死んだわけではありません。死んだことによって、彼女に深刻な現実的困難を残した、という意味です。

 

これは、文法的には「dative of disadvantage」と呼ばれるそうです。Dative は「与格」と言われる文法用語で、動作の受け手を表します。たとえば、He gave it to me の「to me」です。これが、ノーラのセリフでは「on me」で、不利益を被るという意味で使われています。これは、ラテン語ギリシャ語にはあるようですが、標準英語にはない用法らしいです。

 

 

 

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

 

アストラゼネカのワクチンは 60 歳以上限定

 

 

まれに血栓ができるという副反応が出ることがわかったアストラゼネカ・ワクチンですが、アイルランドでも60歳以上の人に限って投与されることとなりました。

 

www.irishtimes.com

 

これは、年配の人はコロナで重症化する可能性が高いので、若い人に比べて特にリスクに対するメリットが大きいからです。アストラゼネカ・ワクチンで血栓になる可能性は、長距離フライトに乗ったときや、避妊薬を飲んだときよりも低いそうです。また、コロナにかかったことで血栓ができる確率は、アストラゼネカ・ワクチンの接種後に血栓ができる確率の100倍以上だそうです。

 

アイルランドにおいてアストラゼネカのワクチンが占める割合は、第1四半期で29%、第2四半期で21%です。

 

f:id:tarafuku10:20210413231328p:plain

 

 

既に233000人が1回目のアストラゼネカ・ワクチンの注射を受けているわけですが、2回目は別の会社のワクチンにしていいのか、それとも別の会社のを2回打つべきなのかは決まっていません。

 

また、以前は血栓ができるのは女性が多いのではないか、という疑いがありましたが、これは否定されたようです。医療関係者にアストラゼネカ・ワクチンを受けた人が多くて、医療関係者には若い女性が多い、という話のようです。

 

UK は昨日からお店が開き、パブやレストランも屋外で飲食を提供できるようになったようですね。UKのワクチン接種率は EU よりはるかにいいわけですが、その原動力の1つがアストラゼネカでした。アストラゼネカのワクチンは、ファイザー/ビオンテックやモデルナのものと違って、普通の冷蔵庫の温度で保存できるというのも強みです。

 

www.irishtimes.com

 

他の国はどうしているのか? オーストラリアはファイザー・ワクチンの発注を2倍に増やし、50歳以下の人はファイザー・ワクチンを接種するように推奨しています。

 

UK では、可能であれば30歳以下の人にはアストラゼネカ以外のワクチンを投与することを推奨。イタリア、フランス、ドイツ、フィリピン、韓国は、60歳以下にはアストラゼネカを投与しないこととしています。

 

米国の感染症専門家であるアンソニー・ファウチ氏は、他社の製品があるのでアメリカではアストラゼネカのワクチンは必要ないのではないか、としています。インドネシアは、アストラゼネカと中国のシノヴァクのワクチンを今後も使用するとのこと。

 

60歳未満の人にはアストラゼネカのワクチンを打たないようにという推奨が出たことで、HSEは予約の再調整を行っています。今日の予定だった最大15000人の接種がキャンセルされるようです。

 

www.irishtimes.com

 

 

また、アメリカではジョンソン&ジョンソンのワクチンの接種後に血栓ができた例があったそうで、保健・医療当局が直ちに使用を一時停止することを求めているそうです。これは今日の話。症例が出たのは6人。全員が女性で年齢は18歳から48人。1人が死亡し、もう1人が重体。米国では約700万人がJ&Jのワクチンを既に受けています。

 

www.irishtimes.com

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

カンボジア政府に大目玉をくらったアイルランド人アーチスト

 

f:id:tarafuku10:20210412201648p:plain



ポルポト時代の強制収容所で殺された犠牲者の写真を無断で使用してカラー化し、しかもデジタル加工で表情を笑顔にするという作品を発表したアイルランド人のアーチストがカンボジア政府に大目玉をくらっています。

 

cambodianess.com

 

この収容所は現在はそれがあった地名をとってトゥール・スレンと呼ばれていますが、当時は存在そのものが秘密であったため、名前すらなかったといわれます。2年9か月の間に14000~20000人が収容されたとされており、生きて戻ってこられたのは8人でした。

 

この作品を発表したのは、アイルランド人アーチストのマット・ラックリー (Matt Loughrey) さん。ふだんは、ご先祖様のモノクロ写真をカラー化して笑顔にするというサービスを提供している方のようです。

 

f:id:tarafuku10:20210412201505p:plain

 

アメリカに VICE という主に若者向けのオンライン雑誌があって、そこにラックリーさんのインタビュー記事が掲載されました。4月9日の話です。ラックリーさんの説明によれば、彼ら (犠牲者たち) の歴史に新しい命を吹き込むため (revitalize) に写真を修整したそうです。

 

しかし、多くのカンボジア人は、この写真は道徳的に受け入れられないし、クメール・ルージュの犠牲者に対する侮辱であると考えました。

 

カンボジアの文化芸術省 (MCFA) は、4月11日、記事と写真をウェブサイトから削除しなければ法的手段に訴えると同誌に抗議。VICEはその日のうちに記事の掲載を取りやめました。

 

MCFA:「カンボジア文化芸術省は、こうした改ざんを受け入れない。マット・ラックリーのこの作品は、犠牲者の尊厳やカンボジアの歴史の現実に深刻な影響を与えるものであり、こうした写真の法的な所有者であり管理者であるトゥール・スレン虐殺博物館の権利を侵害していると考える」。また、事前にラックランさんからの連絡は一切なかったそうです。

 

同博物館 (かつての収容所があった場所に建てられている博物館です) のディレクターであるハン・ニセイ (Hang Nisay) さんによれば、犠牲者の写真を載せた同博物館のウェブサイトが公式に解説されたのは今年の1月。遺族の方が犠牲となった親族を見つけるのを助けるという目的だったそうです。ラックリーさんは、許可もなくそのウェブサイトから写真をダウンロードしたに違いない、と。

 

VICE の記事が掲載されたすぐ後に、Change.org で記事の取り下げを求めるオンライン署名が開始され、記事が取り下げられたことから、現在は VICE の謝罪を求める署名集めに変わっているようです。その説明文には、「私たちの歴史のトラウマから利益を得ようとするラックリー氏の試みを拒絶する」とあります。

 

まあさすがに不適切ですね、と私も思います。少なくとも遺族の許可を得ることは必要だったでしょう。

 

 

 

 

2021/04/14追記

アイリッシュ・タイムズにも記事の載っていたのでリンクを張っておきます。

www.irishtimes.com

 

www.irishtimes.com

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

古着屋「Harlequin」の閉店

 

 

f:id:tarafuku10:20210411221524p:plain


ダブリンのキャッスル・マーケットにある The Harlequin という古着屋が閉店したことを知りました。3月28日付けのアイリッシュ・タイムズの動画記事。ダブリンの中心街の小売店パンデミック後も生き残れるだろうか、という特集で、その中のひとつとしてハーレクインが取り上げられていました。

 

www.irishtimes.com

 

シティ・センターに行ったことがある方なら、誰もがこのお店の前を通ったことがあるのではないでしょうか。古着屋というと若い人向けという印象があるかもしれませんので、服飾品専門のビンテージ・ショップと言った方がいいかもしれません。やんちゃな古着だけでなく、舞踏会にでも着ていけそうなシックなレトロ・アイテムなども揃っていて、あらゆる年代の人が楽しめそうなお店でした。

 

動画の中でインタビューに答えているのは店主のフィオナ・スミスさん。彼女とお母さんとで28年前にこのお店を引き継いだそうです。took it over と言っていますので、他の人がやっていたお店を譲ってもらったのだと思います。

 

f:id:tarafuku10:20210411215526p:plain

 

閉店の決断をしたのは今年の初めのこと。その決断は、「死」または「離婚」のようなものだったといいます。動揺したけれども、プレッシャーから解放されるという安心感もあり、複雑な気持ちだったそうです。

 

来店したことのある有名人には、デビ―・ハリー、ノエル・ギャラガーナオミ・キャンベルケイト・モスなどがいるそうです。

 

最近、私は洋服は TK Maxx でしか買わないので、ハーレクインの店内にもしばらく入ったことがなかったのですが、以前はいくつかお買い物をしたことがあります。今でも持っているアイテムは2つ。

 

まず、バイアグラのロゴが入ったジャージ。

 

f:id:tarafuku10:20210411215540j:plain


それから、レトロなジャケット。こちらは内張が剝がれてきていて、中の綿が出ている状態で、お直しに出したいと思いつつそのままになっているものです。

 

f:id:tarafuku10:20210411215556j:plain



 この動画で紹介されているもう1つのお店は、ウェックス・ストリートにあるジョン・ガン・カメラ・ショップ。ジョンさんとルイーズさんのガン夫妻がお店を始めてから約50年。お二人ともいまだ現役で、これからも頑張って店を続けていく意向。四人いる子供のうち二人がお店の経営に参加しています。

 

こちらのお店は、動画も含めたフィルムの現像に特化したお店のようですね。やはり去年から売り上げは落ちていて、例年の30%ぐらいだったそう。現像の仕事がなかったら、店を閉じなければならなかっただろうと、ジョンさんは言っています。

 

f:id:tarafuku10:20210411215458p:plain

 

ハーレクインのフィオナさん「市街地の商店街の未来はどうなるのか? 私にはわからない。予測不可能な時代。現時点では快適な場所とはいえない。」

 

フィオナさんもジョンさんも言っていますが、やはり家賃が小売店には大きなプレッシャーとなってのしかかっているようです。

 

f:id:tarafuku10:20210411215440p:plain

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

フォーブス誌が書いたリムリックの悪口

 

 

先日、ストライプというオンライン決済の会社を起こしたコリソン兄弟について書きましたが、今日また彼らの話がアイリッシュ・タイムズに載っていました。

 

www.irishtimes.com

 

昨日の金曜日にフォーブス誌にコリソン兄弟の記事が掲載されたのですが、その中で彼らが育ったリムリックのことがこっぴどく書かれていたのです。

 

f:id:tarafuku10:20210410223546p:plain



フォーブスのスティーヴン・マクブライド記者が書いた記事はこう始まります。「その町を “スタブ・シティー” と呼ぶ者もいる」。Stab City というのはナイフで刺す (Stab) 事件が数多く発生していたことから名づけられたリムリックのニックネームです。このあだ名は、アイルランドだけでなくイギリスの人でも知ってる人が多いと思います。たしかに、過去にリムリックはギャングの抗争がひどい時期があって、事件が多発していたのは事実です。

 

記事はこう続きます。「多くの人はアイルランドのことを、緑の丘が広がり、5つ星のゴルフ・コースがたくさんある場所だと考えているかもしれない。しかし、アイルランドの田園地方の真ん中には、リムリックと呼ばれる町がある。ヨーロッパの “殺人の首都” として知られる場所だ」

 

記者としては、スラムのような町に育ち、困難を克服しながらシリコンヴァレーにわたり、大成功を収めた兄弟というストーリーに落とし込みたかったようなのですが、このリムリックの描写があまりにひどいとSNSで炎上しました。

 

マクブライド記者の記事はさらに続きます。「あなたが自分の子供を育てたいと一番思わない場所がリムリックだ。しかしこの町で高校に通った2人の兄弟は、逆境に打ち勝った。”スタブ・シティー” を抜け出しただけではない。シリコン・ヴァレーに移り住んだのだ」

 

いやもうこれだけ読むと、リムリックはゴッサム・シティーかと思いますけど、実際に行ってみれば普通の町です。

 

財務省国務大臣であるパトリック・オドノヴァン議員は、政府の代表として、同誌は「記事が引き起こした侮辱と苦痛に対して直ちに謝罪すべきだ」とツイートしています。

 

リムリック選挙区のキアラン・オドネル国会議員は、直ちに謝罪し、記事を撤回することを求めたほか、記事は「恥さらしで、根拠がなく、不正確である」としています。

 

RTEのペチュラ・マーティン記者も、「リムリックに関するフォーブスのこの中傷的な記事をコリソン兄弟はどう思うだろうか? 有害、中傷、落胆」とツイートしています。

 

コリソン兄弟の兄であるパトリックも、この記事についてこうツイートしました。

 

 

 

「リムリックについて間違っているだけでなく、何かを “克服した” という考え方は馬鹿げている。私たちはあの場所で育ったからこそ、今の私たちになった」。

 

「We are who we are *because* we grew up where we did.」。口に出して読みたい英語ですね。

 

フォーブスの記事は、削除されたのかどうか定かではありませんが、現在アクセスできない状態になっています。

 

しかし、ある地域が不当に悪く書かれたときに、即座に政治家やジャーナリストが反論してくれるのはいいですね。

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

北アイルランドの暴動

 

 

ここ1週間ぐらいですが、北アイルランドの複数の場所で暴動が起きています。

 

まず、3月31日にデリーのウォーターサイドというプロテスタントの地区で発生。4月2日に南ベルファストに飛び火。3日にはベルファスト北部のニュータウンズアビーにも広がりました。4日にはベルファストから11キロほどの距離にあるキャリックファーガスでも暴動が発生します。

 

また、5日には、ポータダウン、バリメナ、マーケットヒルにおいて、無許可のパレードが行われました。一部の参加者はマスク (おそらく目出し帽のようなもの) を被っていたそうです。

 

f:id:tarafuku10:20210409231054j:plain

ベルファストのサンディ・ロー (Sandy Row) エリアに掲げられたアイリッシュ海のボーダーに反対するバナー Photo by Whiteabbey

 

ブレグジットに関してプロテストタント住民の間にフラストレーションがたまっており、それがここにきて爆発したというのが背景のようです。

 

イギリスが EU から脱退したことにより、北アイルランドアイルランド共和国の間の国境をどうするかというのがずっと懸案になっていました。人やモノの移動に大きな支障が出るので、税関や検問所などを設けたくない、というのが第一の優先事項でした。その結果、関税については北アイルランドがUKとEUの間の緩衝地帯のような扱いとなりました。これは、ブリテン島とアイルランド島の間のアイリッシュ海にボーダーができることを意味します。モノがアイリッシュ海を渡るときに関税のチェックを受けるわけですから。

 

北アイルランドはUKと一体であることを望むプロテスタント系の人々にとって、これは看過できることではありません。プロテスタントの人は、ブレグジット国民投票では離脱に賛成した人が多かったので、裏切られたと感じる人も多いのでしょう。

 

また、もうひとつの要因としては、昨年の6月にロバート・ストーリー (Robert Storey) というIRAの幹部だった人が亡くなり、葬儀が行われました。これに、支援者やシンフェインの人たちがたくさん集まったのですが、これは明らかにロックダウンのガイドライン違反だったわけです。ところが、3月の末に、ガイドラインを破った24人のシンフェインの政治家を訴追しないという決定がなされました。暴動はこれが1つのきっかけになったと思われます。

 

今回の暴動は、各地で行われている反ロックダウンのデモとは直接関係ありませんが、長期にわたるロックダウンで溜まったうっぷんを晴らす絶好の機会を提供したという側面もあるかもしれません。

 

北アイルランド(プロテストタント側もカトリック側も)、アイルランド共和国、UKの政治的リーダーは暴動を非難して、暴動に参加しないように呼び掛けていますが、現場レベルの DUP (北アイルランドの第一党・プロテスタント系の) 組織が頭に血がのぼっている状態かもしれません。

 

話は変わりますが、昨日、ツイッターに流れてきた写真です。

 

 

 

北アイルランドは至る所に壁画が描かれているので有名ですが、最新の壁画が完成したことをアーチストの方が投稿していました。

 

夜の新宿・歌舞伎町を思わせるような場所を、イギリス特有の黒いタクシーが走る絵です。これはかっこいい。

 

北アイルランドの壁画はやはり政治的なものが多いのですが、今回のダン・キッチナーさんの作品は政治とはまったくありません。北アイルランドといえば「紛争」のことが真っ先に頭に浮かぶ人が今でも多いと思うのですが、「いや、そうではないんだ。私たちは新しいステージに進んでいるんだ」というのが、このまったく政治的でない壁画の政治的なステートメントなのかもしれません。

 

場所は西ベルファスト・シャンキル・ロードの近くのエンフィールド・ストリート (Enfield Street) です。

 

www.belfastlive.co.uk

 

2021/4/10追記:

グーグルマップで調べましたが、壁画の書かれた壁はもともとはこんな感じ↓。エンフィールド・ストリートはごくごく普通の住宅地です。

 

f:id:tarafuku10:20210410225629p:plain


 

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

アストラゼネカ・ワクチンの副反応

 

 

欧州医薬品庁 (EMA) が、血栓アストラゼネカ・ワクチンによる稀な副反応であると結論付けました。ただし、感染からの保護という健康上のメリットが、リスクを上回るとしています。

 

www.irishtimes.com

 

この結論は、独特の臨床パターン、免疫学的調査結果、通常よりもこの症例が多く報告されているという観察に基づくものです。

 

UK と EU で3400万人がこのワクチンの接種を受けましたが、脳静脈洞血栓症が169例、内臓静脈血栓症が53例報告されています。どちらも非常に稀な血栓症です。

 

アストラゼネカ・ワクチンの製品情報には、この症状が稀な副反応であることが記載されることになります。この症状の初期の兆候としては、継続する重い頭痛、目のかすみ、注射した場所以外にあざが現れる、などです。

 

現在のところ、この副反応が現れた患者のほとんどは60歳以下の女性ですが、年齢や性別に関するリスク要因については証拠となるものは見つかっていないとEMA は言っています。

 

多くの国では、アストラゼネカのワクチンは医療従事者に投与されました。医療従事者は女性が多く、60歳以下の人が多いため、こういう偏った結果が出ている可能性があるということです。

 

EMA は、リスク/ベネフィット分析は国によって異なるので、各国の監督機関が事態をモニタリングするべきだとしていますが、メリットがリスクを上回ることから、このワクチンを今後も使用することを各国に薦めています。ワクチンのメリットについては EMA はかなり力を入れて強調していますね。

 

EMA が以前発表したところでは、血栓の報告例は、アストラゼネカは100万人に4.8人、ファイザー/ビオンテックが0.2人、モデルナが0人だそうです。ただし、後者は接種数がまだ少ないから、という理由かもしれないとのこと。

 

UK では、やはりワクチンのメリットが非常に大きいとしながらも、若い人の間で稀に血栓が発生したことから、30歳以下の人にはファイザー/ビオンテックまたはモデルナのワクチンを投与することにするとしました。

 

UK の監督機関である MHRA には、3月31日までに、ワクチンの1回目の投与の後、血小板数の低下を伴う血栓の例が79件報告されたそうです。このうち19人が死亡。ただし、死因についてはまだ確定していません。51人が女性で28人が男性、年齢は18歳から79歳まで。

 

現在、フランスとドイツはアストラゼネカ・ワクチンを年配者のみに投与。ノルウェーデンマークは、このワクチンの投与を一時停止した後、まだ再開していません。韓国とエストニアは水曜日、60歳以下への投与を一時停止しました。

 

f:id:tarafuku10:20210408193750p:plain

Aviva スタジアムのワクチン投与センター

 

当然のことながら、アイルランドでもアストラゼネカ・ワクチンの投与方法を見直すべきではないかという声があがっています。

 

www.irishtimes.com

 

アイルランドでは、204,000人にアストラゼネカ・ワクチンが投与され、ワクチン接種に関連する可能性のある血栓の症例が18例報告されました。ただし、懸念されている稀なタイプの血栓症は1つもないそうです。

 

記事には専門家の声がいくつか引用されていますが、メリットがリスクを大きく上回るという見方は一致しているようです。しかし、アイルランドでも、他の国と同様に年齢制限などが近日中に加えられるかもしれません。

 

日本だと無責任な大手メディアがワクチンの危険性を煽りそうなニュースですけれども、アイルランドのメディアはそこまでひどくありません。

 

北アイルランドでは、木曜正午から40~44歳の人のワクチン接種予約を受け付けるんだって。早いねえ。既に100万回分近くのワクチンが投与されています (そのうち167,000件が2回目の投与)。

 

www.irishtimes.com

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ