たらのコーヒー屋さん - 2 店舗目

たらのコーヒー屋さんです。

町がまた動き始めています。

今週の月曜から、カフェ、レストラン、パブ、美容院などが、制限付きながら再オープンしています。

 

さっそく月曜の朝、いつも通っているカフェに行ってきました。約3か月ぶりになります。

 

入口には、「Take Away」「Eat In」と大きく書かれた黄色いゲートが据え付けられています。ちょっとモノモノしい感じはします。

 

f:id:tarafuku10:20200701205740j:plain

 

中に入ってカプチーノとクロワッサンを注文します。普段はクロワッサンは食べないのですが、再オープン記念のお祝いということで奮発しました。

 

名前と電話番号を聞かれました。コンタクト・トレーシングの一環なのでしょう。これはちょっと予期していませんでした。

 

再オープン初日ということで、テーブルのレイアウトも変わっているし (ソーシャル・ディスタンシングで間引きしています)、なんか休業中にキレイに掃除したみたいで、床がピカピカなんですよ。また、エスプレッソ・マシンが入り口の近くに移動していて、大学の文化祭の模擬店のような印象もあります。

 

そんなこともあってか、この日はちょっと落ち着かずに割と早めに出てきました。そのうち慣れると思います。

 

それから、今日 (火曜日) の夜は、近くのイタリアン・レストランにパスタを食べに行きました。ここも月に1~2回、行くところです。ちょっと早い時間帯だったこともあってか、お客さんは私のほかに1人だけ。

 

ここでも名前と電話番号を聞かれました。こういうとき、本名を言うとスペルを聞かれたりして面倒くさいので、私は Nicky と言うようにしています。あと、ウェイターさんはプラスティックのフェイス・ガードをしていましたね。

 

ここでもお祝いということで、いつもはあまり頼まない食後のコーヒーを注文しました。

 

パブもちゃんとした食事を出せば営業してもよいとのことなので、近くのパブは開いています。ここは昨日も今日もけっこう混んでいます。やっぱお酒はお店で飲みたいですよね。

 

あとは、ブックメーカーも月曜から再開しました。せっかくなので何か賭けようということで、今日のブライトン対マンチェスター・ユナイテッドの試合で、マーシャル選手が最初のゴールを決める、というのに3ユーロ賭けました。今、これを書いている時点で、試合が始まって15分。スコアは0-0です。

 

最後ですが、新聞を読んでいたら、月曜になった瞬間、つまり午前0時にお店をあけた美容院の話が載っていました。

 

www.irishtimes.com

 

なんて書いていたらマンU点取った。ゴールを決めたのは誰だ? あかん、グリーンウッドという選手でした。残念。

 

話を戻しますと、ダブリンのインチコアの「サロン・ルージュ」というお店なんですけど、地域のハブとなり、そして地元の人に愛されているお店の様子がひしひしと伝わってくる良い記事でした。

 

f:id:tarafuku10:20200701044816p:plain

(写真は、アイリッシュ・タイムズ紙より)
 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

ミホール・マーティン首相のこと

アイルランドで総選挙が行われてから4か月半。やっと首相が決まり、組閣されました。フィアナ・フォイル(FF)、フィネ・ゲール(FG)、緑の党の連立政権。

 

FFとFGの議席数が拮抗しているので、首相はローテーション。2022年12月まではFF党首のミホール・マーティン(下の写真)、そのあとはFG党首のレオ・バラッカーが務めます。

 

f:id:tarafuku10:20200628232638j:plain

アイルランドの新首相となったミホール・マーティン (Micheál Martin) は1960年8月1日生まれの59歳。アイルランド第二の都市、コーク県コーク市の出身です。名前のミホールはアイルランド語の名前。英語だとマイケル、フランス語だとミシェル、スペイン語/ポルトガル語だとミゲルと語源は同じです。

 

父親のパディ・マーティンは、元軍人であり、国営交通会社のバス運転手を務め、ボクシングのアイルランド代表でもありました。母親はエイリーン・コーベット。5人兄弟の3番目。アイルランド大学コーク校在籍時に政治に目覚め、FFの青年団体のメンバーとして活動。大学院で政治史の修士号を取得。

 

教師として1年働いた後、1985年にコーク市会議員選挙で当選。1987年に初挑戦した総選挙では落選したが、2年後の2回目の挑戦で国会議員となる。

 

教育/科学担当大臣(1997-2000)、保健/子供担当大臣 (2000-2004)、起業/貿易/雇用担当大臣 (2004-2008)、外務大臣 (2008-2011)を歴任したあと、2011年からFFの党首を務めています。

 

閣僚時代のミホール・マーティンが行った大きな仕事だと私が個人的に思うのは、保健/子供担当大臣のときに、屋内の職場での喫煙禁止(一部例外あり)を実現したことです。これにより、パブや飲食店もそこで働く人にとっては職場なわけですから、屋内禁煙となったわけです。

 

これは実際にいろんなところから物凄い反対が出て、まとめるのはたいへんだったと思います。しかし、これをやり遂げたことで、マーティンは大きく名を上げました。法律が施行されたのは2004年3月29日。これにより、アイルランドは全国的な屋内職場禁煙を実現した最初の国となりました。

 

当時、私は毎週ソフトボールの練習をしていて、練習後にみんなで同じパブに行っていました。パブが禁煙になった後に初めて訪れたとき、店内の空気が目に見えて澄んでいたのでおどろきましたね。

 

私生活では、大学時代に知り合ったメアリー・オシェイという女性と結婚。5人の子供をもうけたのですが、そのうち2人は残念ながら病気で既に亡くなっています。

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

キツネのサム

アイルランドは2月8日の総選挙から4か月半ほどたって、やっと組閣できたみたいです。

 

組閣に向けての話し合いがまっただなかの6月25日の記事ですが、私のブログでも一度ご紹介した、キツネのサムの話です。

 

www.irishtimes.com

 

大きくなったので巣を追い出されたサムはダブリンの街なかを歩き回って生活しているわけですが、この記事には緑の党のローデリック・オゴーマン議員の目撃情報が記されています。

 

レンスター・ハウス (アイルランドの国会議事堂) で長時間にわたる組閣の交渉が行われているとき、オゴーマン議員はおそらく休憩時間にガラス窓からサムの姿をみかけたんですね。

 

サムはやせ細っており、疥癬に悩まされており、明らかに健康状態が悪そうだったそうです。彼は写真を撮ってツイッターに投稿したそうですが、口さがないツイッター住民は、「レンスター・ハウスにいる陰険なキツネはサムだけじゃない」とか「サムもバーティー・アハーン (バブル時代の首相、いろいろあって政界を追放された) ほどずる賢くはないだろう」などと言いたい放題だったようです。

 

 

 

いまはロックダウンの最中ですから、大方のレストランは閉まっています (テイクアウトのみ営業しているところはある)。この状況は来週月曜まで続きます。レストランが開いて、残飯を漁れるようになれば少なくとも空腹は満たせるのですが。

 

トリニティ大学の動物学者であるコリー・エニス先生は、「サムはおそらく雌で、約1歳。理想的には捕まえて疥癬の手当ができればいいのだが。。。ただ、どこに出没するかわからないので、野生の動物をつかまえるのは難しいのです」とおっしゃっています。

 

一部の優しい人々がサムのためにエサを置いておいたりするのですが、競争がきびしいそうです。競争相手はカモメです。

 

疥癬というのはダニを原因とする皮膚病で、伝染力が強いそうです。皮がはげてしまい、温度を調節できなくなるので死に至ることもあるとか。ただ、治療は簡単だそうです。だから、つかまえることさえできれば、ということなんですね。

 

私が5月に書いた記事はこちら。

 

tarafuku10.hatenablog.com

 

f:id:tarafuku10:20200627224005p:plain



アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

ルーク・ケリーの像にまた落書き

6月24日の夜から25日の朝にかけて、シェリフ・ストリートにあるルーク・ケリーの像がまた落書きされました。約1か月ぶり6回目。

 

f:id:tarafuku10:20200626183545p:plain

 

 

今回はメガネは書かれていないようです。

 

ルーク・ケリーの像は南側のセント・スティーブンス・グリーン・ショッピング・センターの近くにもあるのですが、今回はこちらにも白いペイントが掛けられました。

 

 

 

こっちが落書きされたのは初めてなのかな。

 

ダブリンにはほかにもシン・リジーのフィル・ライノットとかジェイムズ・ジョイスとか、カルチュア関係の像がいっぱいあるんですが、なぜルーク・ケリーだけこんなに狙い撃ちされるんでしょうかね。そのへんのことは、新聞記事を見ても書いてありません。

 

シェリフ・ストリートの近隣の人々は、像を移転することには反対だとのこと。24時間体制でなんらかの監視をすることも検討しているようです。

 

 

www.independent.ie

 

5月末に落書きされたときに私が書いた記事はこちら。

 

tarafuku10.hatenablog.com

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

 

アイルランドのロックダウン解除が加速します

来週の月曜から始まる予定だったロックダウン解除のフェーズ2ですが、予定通りどころか、少しずつ予定を前倒しして、もともとの5フェーズから4フェーズに短縮されることが、レオ・バラッカー首相から発表されました。

 

www.irishtimes.com

 

まず、自宅から20km、または住んでいる県の県境のうち、どちらか遠い方まで移動できるようになります。移動制限は6/29には完全に解除される予定。

 

また、来週月曜からは、6人までが室内で会い、15人までが屋外で一緒にスポーツできるようになります。

 

また、最大25人がお葬式に参列できるようになります。

 

また、公立図書館もオープンし、スペシャル・ニーズの子供たちのためのプログラムも始まります。

 

子供のプレイグラウンドも監督者がいれば再オープン可能で、15人までのサマー・キャンプもOK。高レベルのスポーツ選手はトレーニングを再開できるようになります。

 

時間制限付きでお店も再開します。ショッピング・モールの再開は6/15から。

 

ホテル、レストラン、ホステル、美術館も6/29からオープン。パブやバーも、テーブル・サービスという制限付きでOK(つまり、立ち飲みはだめ)。

 

今回のバラッカー首相のスピーチにおけるポエムは、ローマ時代の政治家キケロ。「民の安寧が至高の法であらねばならない」。この言葉は、4月にイギリスのジョンソン首相も引用していましたね。

 

www.telegraph.co.uk

 

政治家は説得力のあるポエム言うの大事よ。安倍首相もがんばってください。

 

f:id:tarafuku10:20200606081224p:plain

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

はてな無料ブログで AdSense に承認されました(2020年6月) (2020年7月追記あり)

無料はてなブログAdSense に承認されたので、他の方の参考にもなるかと思い、やったことを書き留めておきたいと思います。

 

承認されたのは、いまお読みいただいている「たらのコーヒー屋さん」ブログではなくて、「tarafuku10 の作業場」というブログ。

 

tarafuku10working.hatenablog.com

 

政治・時事問題系のブログで、海外の言論人の記事を紹介したりしています。

 

「tarafuku10 の作業場」ブログの概要:

・2019年8月開設

AdSense 申請時の記事数は30。申請後に承認通知が来るまでに2件追加。

・記事は長め(ほとんどが2000文字以上)。

・申請から承認までの期間は5日ほど

 

あと、私は別の有料FC2ブログで既に AdSense の承認を受けていました。

 

「tarafuku10 の作業場」ブログは、これまでにも何回か申請をしたのですが、すべて却下されていました。コードをheadタグの間に貼る方法で申請していたのですが、毎回「サイト上にコードが見つかりません」という理由で却下されました。

 

今回、行ったことは以下の2つです。

 

Google Search Consoleへの登録

Google Analytics への登録

 

登録方法については、こちらの方のブログを参考にさせていただきました。

 

miinoblog.com

 

 

なお、この方のブログに書かれている推奨項目のうち、プライバシーポリシーの設置/お問い合わせフォームの設定/URLをオリジナルのものにする/アイキャッチ画像の設定、は私はやっておりません。

 

先にも書いたように、私は既に別のブログで AdSense の承認を受けていましたが、それもなく、はてな無料ブログで AdSense に承認されたかたもいらっしゃるようです。(2019年11月)

 

hmttumo-ikkuhanbaishi.hatenablog.com

 

こちらの方も、Google AnalyticsGoogle Search Console に登録することで、ブログを AdSense に認識してもらえたようです。

 

以上、簡単でしたが、概要をメモ書きしました。お役に立てれば幸いです。

 

f:id:tarafuku10:20200606081646p:plain

 

2020年7月1日追記

 

いまお読みいただいている「たらのコーヒー屋さん - 2 店舗目」ブログでもAdSenseの承認をいただきました。

 

このブログは2009年1月にYahooブログで開始し、Yahooブログのサービス終了に伴い、昨年8月頃に Hatena に引っ越ししてきたものです。無料ブログです。記事数は1000を超えています。

 

昨年から AdSense に申請していたのですが、「サイト上にコードが見つかりません」と言われて承認されませんでした。今回、上記の「Tarafuku10 の作業場」と同様に、Google Search ConsoleGoogle Analytics に登録することで認識してもらうことができ、承認もされたということです。

 

正直なところ、ダメ元の気持ちで申請したのでちょっとびっくりしました。ここ1年くらいは割と実のあるブログを書いていましたが、以前はそうでもないブログ記事も多々ありましたので。

 

サーバーを借りてWordPress で新しいブログを作って引っ越そうとしていたんですが、当面はこちらのブログでアイルランド情報を書いていくつもりです。よろしくお願いします。

 

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ

ルーク・ケリーの像がまた落書きされた件

ルーク・ケリーの像がまた落書きされたと30日の新聞に出ていました。

 

 

去年の1月に建てられたばかりなのですが、落書きされるのは今回で1か月ぶり5回目。清掃にもお金がかかるし、こんなことが続くようなら像の移転も考えないといけないと、落書きされるたびに市議会議員が言っています。

 

それでは、これまでの落書きの歴史を見てみましょう。左上から時計回りに2019年6月、2020年1月、2020年3月、2020年4月の落書きです。

 

f:id:tarafuku10:20200601051806p:plain


なんか、どうしてもメガネを書きたいみたいなんですよね。同一犯でしょうか。

 

30日は天気がよかったので、午後に散歩がてら像を見に行きました。そしたら、すでに掃除されていて、ケリーさんの顔はさっぱりしていました。

 

f:id:tarafuku10:20200601051823j:plain

 

ルーク・ケリーの像はダブリンには2つあります。どちらも2019年1月に建てられたもの。1つは南側のセント・スティーブンス・グリーン・ショッピング・センターの近くにあり、もう1つは彼が少年時代を過ごした北側のシェリフ・ストリートにあります。落書きされているのはシェリフ・ストリートのもので、ヴェラ・クルートさんというアーチストの作品です。

 

ルーク・ケリーはザ・ダブリナーズというアイリッシュ・トラッド・バンドの中心メンバーでした。ボーカルとバンジョー担当。独特の激しい歌い方が特徴で、政治や社会問題についても積極的に曲に取り入れていました。ダブリンのワーキング・クラス・ヒーローの1人と言ってもいいのではないかと思います。

 

www.youtube.com

 

ルーク・ケリーは1984年に脳腫瘍のため43歳という若さで亡くなりました。ダブリナーズの方は、もう1人の中心メンバーだったロニー・ドリューも脱退するなどメンバー・チェンジしながら結成50周年の2012年まで活動を続けます。その後は、残ったメンバーでダブリン・レジェンズというバンドを結成して演奏を継続しているのですが、どうも今年の9月にダブリナーズの名前でロンドンで2回ほどコンサートを開催するようです。

 

アイルランド情報 人気ブログランキング - 海外生活ブログ