たらのコーヒー屋さん - 2 店舗目

たらのコーヒー屋さんです。

地震のあと、ダブリンで

地震のあと、私はいろんな人から声をかけられます。いつもいくスーパーマーケットでは、私が日本人だとわかっているので、店員のバングラデシュ人の男の子 (この人は剣道をやっている) とか東ヨーロッパ (たぶんポーランド) の女の子から、「このたびはお国がたいへんなことになっているようだけど、あなたの家族は大丈夫なのか」と心配してくれました。

水曜日だったか、会計士さんから電話がかかってきて、あーまた税金払えって言われるのかなーと思ったら、地震のお見舞いを言うだけのためにわざわざ電話をかけてきてくれたのだった。

水曜だか木曜だかのアイルランド下院では、冒頭で日本に対するお見舞いの演説があった。アイルランドは国として、100万ユーロ (1 億円ちょっと) を義捐金として日本に送ってくれるらしい。いや、それはアイルランドのお金ではなくて、IMFのお金なんじゃないの、という突っ込みはなしでお願いします。

アイルランドに住む日本人の間では、若い人が中心になって募金活動をやってくれてるらしい。17日がセント・パトリックのお祭りだったので、その日にあわせて募金をしようとしたらしいんだけど、警察の許可を取るのとかに時間がかかるそうで、当日は募金の呼びかけだけを行ったらしいです。(詳細↓)
http://www.facebook.com/event.php?eid=105501712864953&index=1#!/profile.php?id=814339488
(facebook にログインする必要があります)

このときの模様は、お友達がビデオに撮ったといってたので、後日ご紹介できると思います。

それから昨日、Druey Street のアジアン・マーケットに行ったら、こんなポスターが貼ってあった。アートを通じたファンドレイジング。このポスターだけだと内容はちょっとわからないですけど。

イメージ 1


とにかく、いろんなところに日本のことを心配してくれてる人たちがいます。


あ、明日の月曜日、Yamamori レストランは売上の全額を義捐金として寄付するそうです。みんなで食べにいってね。